東北地方及び九州地方で被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

                   一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

                                  東京都体操協会

2017年度のあいさつ

 

ご あ い さ つ 

平 野  稔

 青葉・若葉がみずみずしい 爽やかな季節になってまいりました。

 皆様には,お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

 日頃は、本協会に温かいご支援とご協力を賜り、衷心より厚くお礼申し上げます。

 去る422日 東京都体操協会委員総会が開催され、体操競技・新体操・トランポリンに新しい役員を迎え、総勢80名のメンバーで平成29年度がスタートいたしました。

 平成28年度を振り返ってみますと、第71回国民体育大会(岩手)には、体操競技少年男子・少年女子チーム、新体操女子チ-ムの三種別が出場し、全チームが入賞を果たし、東京都の天皇杯・皇后杯獲得に貢献することができました。また、インターハイ及び選抜大会では、新体操(日女体付属二階堂高等学校)が見事優勝し、平成29年度への期待も高まります。

 今年度も、これまで同様、体操競技・新体操・トランポリンの普及発展に加え、選手強化・競技力向上に役員一同取り組んでまいります。また、体操競技・新体操の採点規則改正に伴い、審判規則勉強会を開催し、審判員の育成・資質向上にも取り込んでまいります。

 今年度は、本協会主催の競技会のほか、88日~10日 第48回 関東中学校体操競技選手権大会(エスフォルタ八王子)及び関東中学校新体操選手権大会(大田区民体育館)で開催されます。

 大会を主管する本協会としても,両大会が成功裡に終始するよう、役員一同全面協力していく所存です。

 何とぞ、皆様の一層のご支援とご協力をお願い申し上げる次第でございます。

 終わりに、皆様のご健康とご発展をお祈り申し上げてごあいさつといたします。

                                     以上

 東京都体操協会は、東京都の体操の普及と発展を図ることを目的に昭和22年4月設立され、爾来60有余年、上部団体である(財)東京都体育協会並びに(財)日本体操協会と緊密な連携をとりながら主に次のような事業を行っています。

 主な事業

1.健全なる体育思想の啓発宣伝

2.体操競技会(体操競技・新体操・一般体操)の主催及び主管

3.国民体育大会、関東ブロック大会はじめ主な大会への代表選手の派遣

4.指導者及び各種資格保有者の育成と派遣

5.競技力向上のための強化事業

6.体操優良団体及び個人の表彰

7.役員・指導者及び選手登録に関すること