このたびの東北関東大震災で被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

                   一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

                                  東京都体操協会

2016年度のあいさつ

                             平成2811

 新年のごあいさつ

 会長 平 野  稔

 

 明けましておめでとうございます。

 皆様にはお健やかに初年を迎えられたことと心よりおよろこび申し上げます。

 旧年中は、本協会主催の東京都体操競技並びに新体操選手権大会兼国体予選会、東京ジュニア女子新体操選手権大会、東京ジュニア体操競技選手権大会、東京都体操競技種目別大会をはじめ各種講習会、主管競技会等に多大なるご支援とご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。

 特に心に残ったことは、第46回世界選手権大会において、37年ぶりに男子団体総合で金メダルに輝いたこと、内村航平選手が史上初の6連覇の偉業を成し遂げたこと、また、女子体操競技・新体操選手の活躍も目覚ましくオリンピック出場権を獲得したことは誠に嬉しいことで、リオ オリンピックでの活躍に夢が膨らんでまいります。

 本協会関係では、第70回国民体育大会(和歌山)で、東京都少年男子チームが8位入賞と健闘しましたが、女子新体操ではミスが目立ち入賞を逸しました。今年は、関東ブロック大会全種別通過を目標に一層の選手強化を図りたいと考えております。

 また、今年は、全日本シニア選手権大会、関東高等学校体操競技・新体操選手権大会が東京八王子市で開催されます。

 本年も、役員一同力を合わせて諸行事に取り組んでいく所存です。どうか皆様の一層のご支援とご協力を伏してお願い申し上げる次第でございます。

 末筆ながら、皆様のご健康とご発展を心からお祈り申し上げて新年のごあいさつといたします。

                                   以上

 東京都体操協会は、東京都の体操の普及と発展を図ることを目的に昭和22年4月設立され、爾来60有余年、上部団体である(財)東京都体育協会並びに(財)日本体操協会と緊密な連携をとりながら主に次のような事業を行っています。

 主な事業

1.健全なる体育思想の啓発宣伝

2.体操競技会(体操競技・新体操・一般体操)の主催及び主管

3.国民体育大会、関東ブロック大会はじめ主な大会への代表選手の派遣

4.指導者及び各種資格保有者の育成と派遣

5.競技力向上のための強化事業

6.体操優良団体及び個人の表彰

7.役員・指導者及び選手登録に関すること