このたびの東北関東大震災で被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

                   一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

                                  東京都体操協会

2015年度のあいさつ

ご あ い さ つ 

東京都体操協会 会長 野 稔

 

  新緑がことのほか目に美しく、さわやかな季節となってまいりました。 

 皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 

 日頃は、本協会主催・主管の事業に温かいご支援とご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。 

 特に、昨年夏、本協会が主管して行われた全国高等学校総合体育大会 体操競技・新体操選手権大会にはひとかたならぬご協力を賜り、お陰様で大会を成功裡に終了することができました。 

また、第69回国民体育大会(長崎がんばらんば国体)には、協会では初めて全5種別が出場4種別が入賞、東京都の天皇杯第2位、皇后杯第1位 に貢献することができました。これも、公財)東京都体育協会のご支援のもと、本協会の競技委員会・強化委員会並びにクラブ指導者が連携して国体選手強化事業及びジュニア選手の強化事業に取り組んできた成果だと自負しております。 

さて、平成27年度がスターいたしました。今年度は、多くの若手の新役員を迎え、協会主催・主管事業を一層充実させるとともに、選手強化事業により積極的に取り組んでいく所存です。皆様の更なるご支援とご協力を切にお願い申し上げる次第でございます。 

 そして、(公財)日本体操協会の組織にならい、平成28年度に東京都体操協会と東京都トランポリン協会が正式合併し、新しい東京都体操協会が発足します。今年度はその準備期間として、役員構成,経理事務上の問題と課題、競技会のあり方・持ち方などを新協会発足に向けて順次話し合いを進めていきたいと考えております。何卒、皆様のご理解とご協力を衷心より重ねてお願い申し上げます。

 終わりに、皆様のご健康とご発展をお祈り申し上げてご挨拶といたします。

以上 

 東京都体操協会は、東京都の体操の普及と発展を図ることを目的に昭和22年4月設立され、爾来60有余年、上部団体である(財)東京都体育協会並びに(財)日本体操協会と緊密な連携をとりながら主に次のような事業を行っています。

 主な事業

1.健全なる体育思想の啓発宣伝

2.体操競技会(体操競技・新体操・一般体操)の主催及び主管

3.国民体育大会、関東ブロック大会はじめ主な大会への代表選手の派遣

4.指導者及び各種資格保有者の育成と派遣

5.競技力向上のための強化事業

6.体操優良団体及び個人の表彰

7.役員・指導者及び選手登録に関すること